10月から11月の登山プランニング

晩秋から初冬にかけて、紅葉が楽しめる傍ら、木枯らしから雪の便りと、美しさと厳しさとが表裏な季節です。木の葉が落ちた広葉樹の森を通過するのは、哀愁が漂ってとっても好きなんですけどね。登山の視点では、一年で一番、山行判断が難しいと考えています。

ラニーニャ現象が発生

気象庁からラニーニャ現象発生の発表がありました。日本付近では、夏は気温が高くなる傾向があり、冬は気温が低くなる傾向があります。今の時期、10月から11月に掛けて、気圧配置のちょっとした変化から大陸から寒気が流れ込み、山岳地域では予報にない大雪を降らす事がありますので注意が必要です。

過去、大きな遭難が発生しています。

過去の大量遭難は大方、この10月に大雪が降ったことで発生しています。ラニーニャ現象が発生している本年度は特に注意が必要です。冬山装備でお出かけ下さい。

体感温度に気をつけましょう。

山の気温ですが、標高100mで0.6度差が発生します。仮に、平地で10度ですと、標高2000mで10度引く12度ですので、氷点下2度になります。標高2,500mですと、氷点下5度になります。風速1mで体感温度が1度下がりますので、風速5m、標高2,500mですと、体感温度は氷点下10度となります。

ベルグラに注意が必要です。

この時期、ある程度の標高の岩場では薄い氷が張り付きます。登山用語で「ベルグラ」と呼んでいます。雨の後や、しみ出した水が結氷したり、日中に雪が解けそれが夜になると結氷することもあります。ホワイトアイスになっていた場合、結氷付着力が弱く、アイゼンやピッケルで叩くと簡単に剥がれ落ちますので、後続者に当たらないよう気をつけましょう。

ブラックアイスは要注意

日本語で「油氷」と呼ばれますが、結氷度と付着力の強い薄い氷が岩に張り付いた状態をブラックアイスといいます。アイゼンで叩いても壊れませんので、登山道で出てきたら、ためらわず撤退したほうが身のためです。この氷の上で滑落したら止まらないので、まず助からないと思った方が良いでしょう。

ベルグラに覆われた鎖は厄介

低温下での鎖場は注意が必要です。例えば、前日に雨が降り気温が急激に下がった場合、鎖が岩と共に凍ります。ベルグラに鎖が覆われた状態ですね。鎖を岩から引き剥がして氷を落とす作業で、カチカチに冷え切った鎖から握力や腕力が落ち、低体温症から滑落するという事故に繋がりかねません。余裕を持った行程を取り、氷が溶ける時間を見計らって通過するなど、対処が必要です。

ヘッドランプは必ずお持ち下さい。

日の入りが早くなることも十分に注意して下さい。山の林の中は午後4時で暗くなります。登山道が西側なのか東側なのかでも、日の入りの時間が大幅に変わりますので、地形にも注意して下さい。ヘッドランプは絶対に必要ですね。

体力・技術レベル

体力レベル★☆☆

初心者コース、一般的な夏山登山道を5時間程度コースタイム通りに歩ければOKです。

体力レベル★★☆

中級コース、体力レベル★☆☆に参加しても問題なく歩けて、一般的な夏山登山道を7時間程度コースタイム通りに歩ければOKです。

体力レベル★★★

上級コース、応用ステップに複数回参加し、体力レベル★★☆に参加しても問題なく歩けて、一般的な夏山登山道を8時間以上コースタイム通りに歩ければOKです。

技術レベル★☆☆

初心者コース、基礎知識を学習する内容のレベルです。

技術レベル★★☆

中級コース、実践的な技術を学ぶというよりは、応用ステップに沢山参加することで登山の幅が広がり、自然と技術レベルがステップアップするプログラムにしてあります。

技術レベル★★★

応用ステップで学んだ技術をフルに使って登山する必要がある上級コースです。少しでも不安を感じたら、基本ステップ、応用ステップを再受講して下さい。

本格的な登山技術を学ぶ、ヤマガク.net

雪山の魅力とは

始めるのにハードルが高いと言われる「雪山登山」雪山と聞くと、どうしても夏山に比べて大きな危険が伴うというイメージがあります。しかし、しっかりとした準備と安心のリーダーがいれば、雪山は初心者でも安全に登ることができます。

clouds cold frost frosty

スピリチュアル、

雪に覆われた真っ白な岩山は神々しさを感じ、静まり返った雪山の森もまた、人の心をほっと落ち着かせるような不思議な力をち、ひとたび荒れれば吹雪と共に恐怖もやってくる。山は雪を纏うことで全く違う景色を私たちに与えてくれます。

静寂、

凍って澄み切った空気に包まれた冬の山は静寂に満ち、登れば周囲の景色がとてもよく見えます。低山でも広葉樹が落葉することで夏山とは違う景色が待ち受けています。雪によりすべてが白く覆いつくされた山々は、霧氷や樹氷、ダイヤモンドダストは言葉では言い表せないくらいに綺麗です。雪山には沢山の魅力が詰まっています。

一歩踏み出す勇気、

気温、吹雪、天気の急変、満ち迷い、雪崩、低体温症、凍傷、強い紫外線、雪盲、夏山に比べて雪山特有の危険があるのも事実。でも、知識と技術を持ち合わせた経験者となら、その一歩が踏み出せます。勇気を持ってその扉を開けて欲しいと願います。

本格的な登山技術を学ぶ、ヤマガク.net

ブログ始めました。

ブログ始めたことを皆様にお知らせしたところ、aさんから、投稿のタイミングは月に一回ですかと問われて、つい「週一目標です」と答えてしまった。あ、完全に性格読まれてるかなとも思いましたが、ここは五十の手習い、頑張りましょう。でも、子供の頃から日記が苦手というか嫌いというか、その日にあったことを文章に起こすことが出来なくて、TwitterやFacebookでも「あれ、それ、これ」みたいな、小学生の方がましなコメント入れるだろうなと思いつつ、時にはアクセスすることもしなくなったりと波があるし。

トンボや猪、マグロや鰹じゃないけれど、後を振り向くのが苦手で、Gopro8を買って一応山行に持っていて動画取ってますが、記録が溜まるばかりで全然編集へ進まない。何しろ大雑把な性格なもので、ガイドツアーが終わって、お客様からお礼のメール貰ってから「あー、本来は僕から送るべきなのにな。」と思うんだけど思って終わり。そういえば、野〇君は、面会者へお礼のハガキを必ず送るという営業の鏡みたいな行動でファンを増やしていったと、師匠から聞いたこと思いだしてマメだなー。有名になった今でもハガキやメール送ってるのだろうか。

山渓2020年9月号読んでたら、後藤さんが地図読みの企画で、稜線・尾根・沢を徹底的に線を引いて地形の脈絡を把握して、なんて出てたけど、高校生の頃はこれと、ラジオを聞きながら天気図を起こすのが登山初心者のセオリーだったなー。そういえば後藤さんもマメな性格だったなーと思い出したりしながら、ブログの書き出しに悩んでたんですが、ま、そのまま書いちゃえで始めちゃいました。

本格的な登山を学ぶ、ヤマガク.net

登山靴の防水はこれで決まり。

登山靴のメンテナンスって皆さんどうしてますか?小生の場合、毎週山に行っていますから、ザイルや登攀具のメンテナンスも必要なので、マニュアル通りの登山靴ワックスメンテナンスは時間も掛かるし、はっきり言って面倒くさい。批判を覚悟の上で、愛用の靴の洗濯と防水について。使い込んだばっちい靴の画像が出てきますので、几帳面な方は読まない方が宜しいかと。

スカルパ・テックアセント GTX

アッパー素材はスエード、アプローチシューズに分類されますが、足入れのフィット感は抜群で足になじむと手放せない一足です。日和田山や天覧山などご近所の岩場から、北アルプス槍ヶ岳、穂高岳、剱岳に至るまで、幅広い用途に対応する相棒なのですが、最大の欠点は防水性が劣ること。現在販売されていないのですが復活を願いたい。

使い込まれて、こんな感じ
構造上、防水に難あり

ほぼ、構造がクライミングシューズなので縫い代も多く、布地が濡れると一気に水が浸入します。ここまで来るとスエード自体も吸水して、靴の中はグチャグチャになってしまいます。

登山靴ワックスの定番コロニル

登山靴を洗っちゃえ。

定番のワックスとかクリーナーを紹介するのが一般的で、そしてガシガシタワシなんかで洗わないというのが定番のブログですよね。でも、小生の場合は毎週出動ですし、沢登りとか挟んでも使用日数が多く、足も臭いし、ドロドロの泥んこまみれになることもあるので、お上品な扱いが出来ません。クリーナーとかも使わず、ガシガシとタワシで水洗いしちゃっています。この辺がスエードの良いところかな。保革油はちょっと堅いなと思ったら年に一度か二度塗ればOKです。

学生運動部必須のブルースティック

この手の登山靴の良いところは、足の匂いも気になるので、靴の内側もタワシでガシガシ洗えてしまうところ。お薦めの石鹸がこの「ブルースティック」。CAPIC、刑務所作業で製造販売されてます。値段も安いしこれまたガシガシ使ってます。ジャブジャブとタワシで洗った後は直射日光に当てて乾燥させます。マニュアルブログは陰干しですが、そんなんじゃ週末までに乾きません。さらにこの石鹸、蚊に刺されたあと直ぐに塗れば、腫れが引きますよ。

スエードとの相性が良いようです。

一番使える防水スプレー

乾燥させたら防水加工。テレビなどのバラエティ番組などで一時期紹介されたりしてましたが、小生のような不精者の強い味方がこの「ネバーウエットネオ」かなと思っています。スエードレザーとファブリックの部分に染み込ませて24時間陰干しすれば完成。かなり匂うので屋外でスプレーしましょう。乾燥すると匂いは消えます。

効果はこんな感じ(動画です▷押して下さい)

前回染み込ませてから、剱岳や奥穂高に行って一か月程度経っていますが、まだ十分な防水性を保っています。防水性が落ちると靴のサイド部分が吸水している感じがでるので、ネバーウエットネオを上塗りすれば復活します。

一般的な登山靴メンテナンスのブログやマニュアルからしたら、かなり邪道な方法ですが、しっかりと靴の中も洗えて、かつ極力メンテナンスフリーであることが何しろ助かります。布地・ファブリックだけの登山靴にも有効です。気が向いたらお試し下さい。

本格的な登山を学ぶ、ヤマガク.net