アイゼン体験と雪山講座

10本爪アイゼンは無料レンタル

アイゼンで歩いてみませんか

10本爪と12本爪や素材の違う5種類ほど、グリベルを中心に試着可能なアイゼンをご用意、ショップではなかなか出来ない複数のアイゼンを装着体験いただきます。スリーシーズンの登山靴でお越しいただいてOKです。ピッケルとアイゼンの歩行技術の基礎をレクチャーします。後悔しない雪山装備の選び方を併せて講習。


そして、新しい挑戦へ

雪山登山をしてみたいけど、何から始めたらいいのかわからない。雪上訓練や雪山初心者講習を受けてみたけど、1回でマスターできたとは思えない。いつどこの雪山に登っていいのか、レベル判断やルート設定も難しくてわからない...。


GWは雪の槍ヶ岳へ

そんなあなた!ゴールデンウイークの北アルプス、雪の槍ヶ岳を目指してみませんか? 頂上に立ったその瞬間の達成感は夏とは大違い!目の前に広がる白銀の世界は一生の思い出となるでしょう。ステップアップしていけば、あなたも雪の槍ヶ岳に登れるのです。


半年間で技術・体力・実力を身につけます

これから半年間で技術・体力・実力を身につけます。その力は自信へと変わり、新たなる挑戦へとあなたの背中を押してくれるでしょう。これは、自立した登山者への第一歩です。私たちがみなさまを全力でサポートいたします。一緒に槍ヶ岳を目指しましょう。


ステップアップ、道しるべ

一般的に初心者が雪の槍ヶ岳を目指すと、a,山岳ガイドを雇う b,山岳会に入会して技術を学ぶ c,ネットの情報を頼りに頑張ってみる、になります。でも、それは自分の実力にならなかったり、人間関係が煩わしかったり、危険だったり。


単位制登山教室とは、

1,何を何のために学ぶのか、行動目的が明確な「基本ステップ単位」で雪山の基礎をかためます。

2,基本ステップで学んだ技術を基に「応用ステップ単位」で経験を積み重ね実力をつけていきます。

3,応用ステップの経験を基に「実践ステップ単位」でGWの槍ヶ岳に挑戦します。

 雪山単位 2020年-2021年のカリキュラムはこちらをご覧下さい。

木村の写真

安心の山岳ガイドがサポート

(公社)日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド「木村武史」、元登山学校講師。登山学校で技術指導を担当、年間を通した講習会のカリキュラム作成等に精通。大手ツアー会社では山旅カレッジ主任登山講師や体力判定ツアーの主任判定員を勤めました。安定した指導・判断力で雪山登山を確実にサポートします。


アイゼン体験と雪山講座のご案内

開催日:2020年12月5日(土)雨天決行・荒天中止

※中止の場合は前日正午までに判断しご連絡いたします。

集合場所・時間Mt.TAKAO BASE CAMP 午前9:00(解散15時頃)

※京王線高尾山口駅より徒歩3分

募集人数:5名(2名より実施)

参加費:3,000円(税込/おひとり)

※参加費は講習日当日にお支払いください。

※参加費に含まれるもの:講習費、ピッケル・10本爪アイゼンレンタル費用

※参加費に含まれないもの:集合/解散場所までの交通費、Mt.TAKAO BASE CAMPでの座学時のワンドリンク代、昼食代、山岳保険(各自で予め加入をお願いします)

※Mt.TAKAO BASE CAMPにてシャワー&ロッカー(600円税別/シャワーのみ400円税別)利用可能です。

講習内容:GWの槍ヶ岳に向けた後悔しない選び方とアイゼン歩行講習

09:00-10:20 机上講座/雪山で必要な道具類

※雪山用登山靴、ピッケル、アイゼン、ハーネス、ヘルメット、グローブなど

10:30-12:00 机上講座/雪山ウェアと槍ヶ岳へのスケジュール

※レイアリング、ウール、フリース、ダウン、ソフト・ハードシェルなど

13:00-15:00 実技講習/高尾山周辺で10本爪アイゼン歩行実技

※ピッケルとアイゼンの基本姿勢、フラットフット、フロントポイントなど

16:00- 希望者へは近隣の登山ショップで購入アドバイスを行います。

持ち物・装備:登山に適した服装、登山靴、雨具、ザック、飲み物

※ミドルカット以上の登山靴でご参加下さい。ローカット(トレランシューズ等)はアイゼン使用上の安全管理のため不可とします。雪用登山靴でなく夏用やスリーシーズン登山靴でも可です。また、ご自分のアイゼンをお持ちいただいても構いません。


アイゼン体験と雪山講座お申し込みフォーム

お名前
ふりがな
生年月日
性別
ご住所
携帯電話
e-mail
(再度入力)
アイゼン

コメントに靴のサイズをご記入下さい。
コメント
ご質問等


ヤマガク.netのコンセプト

ネットで情報があふれている今だからこそ、自分の目で見て体験すること、考えること、実践を積み重ねていくことを大切にしています。学んだ技術を自由自在に応用できる自立した登山者へ成長していただきたい。目標に到達すべきあなたの「道しるべ」を目指しています。