ガイド紹介 お問い合わせはこちらから
エネルギーの生産工場・ミトコンドリア

登山するための運動エネルギーを生産するのが「ミトコンドリア」です。私たちの身体は約40億個の細胞で作られ、ほぼ全ての細胞にミトコンドリアが存在しています。ミトコンドリアの総量は体重の1割を占め、体重60kgの人は6kgものミトコンドリアを持っています。エネルギーを必要とする細胞ほどミトコンドリアの量が多く、心筋細胞や脚などの骨格筋細胞、神経細胞などで量が多くなります。

体内では食べ物のエネルギーを直接使うことが出来ません。身体は「ATP(アデノシン三リン酸)」という分子をエネルギー源として活動を行います。そのエネルギー源ATPを合成するのが「ミトコンドリア」です。ATPはアデノシン(Adenosin)に三つ(Tri)のリン酸(Phosphate)が結合した物質です。

トレーニングを行うことで、運動能力はアップします。それには筋肉量が増えるだけではなくミトコンドリアの増加も大きく関わっています。筋肉細胞内のミトコンドリアが増えればより多くのエネルギー源ATPが作られます。たくさんのATPがあると、ATPを使って動く筋肉細胞は長期間疲れずに働き続けることが出来ます。つまり、ミトコンドリアが増えると持久力が上がるのです。

基礎代謝量を上げることがダイエットの基本になります。基礎代謝量をが多いほど運動をしなくてもエネルギーが消費されるため太りにくくなります。そして基礎代謝量を決めるのがミトコンドリアです。ミトコンドリアが多いほどATP合成のためにエネルギーを沢山使うため基礎代謝量が多くなるのです。

ミトコンドリアのエネルギー生産過程では、身体にとって毒となる「活性酸素」が出来てしまいます。活性酸素は筋肉中のpH値を弱アルカリ性から酸性へ変化させる可能性があり疲労物質の原因と言われています。またDNAやタンパク質を攻撃し傷を付けます。傷が蓄積すると細胞の機能が低下し、老化の原因と言われています。


参考文献:ニュートン別冊・筋肉の科学知識
山を学ぶ・Yamagaku-net.com